定非営利活動法人 全国失語症友の会連合会 は平成26年11月1日に
                         非営利活動法人日本失語症協議会 に名称を変更
  
ご案内 イベント開催案内 研修会・講習会案内 JAPCニュース
障害年金などの国の施策 国・各機関との連携 各種アンケート実施と結果
失語症って何?  失語症になると  失語症の原因 失語症症の症状
 失語症者への関わり  構音障害との違い  もっと詳しく知りたい方へ
失語症者・支援者の声 失語症者と家族の声  支援者の声 会員の活動の紹介
協議会の活動  協議会全国大会の開催 相談室・談話室 熊本大分地震災害の義援金
理事会・総会の開催  お問合わせ・アクセス 東日本大震災の被災者へ
協議会の案内 日本失語症協議会とは  活動の歴史  協議会加盟友の会一覧
定款 日本失語症協議会案内 Introduction of JAPC
意見書・要要望書 入会の案内
 協議会へのご寄付のお願い・協議会の機関紙「japcニュース」の購読は
       右の
[賛助購読の申し込み]をクリック
ご寄付のお願いと賛助会員へのお誘いはこちら    



関連機関へのリンク
リンク


失語症関連出版物へのリンク



失語症関連製品のエスコアール


パソコン工房ゆずりは


言語くん自立編III


言語生活サポートセンター


 映画 言葉の きずな




   
H29年度厚生労働大臣への陳情
   日本本失語症協議会は、H29年8月2日に塩崎厚生労働大臣あてに陳情書を提出しました。 1.失語症者の身体手帳制度の是正 2.失語症者のリハビリ機関への支援 3、失語症者の就労支援 4、介護保険・失語症福祉サービス支給決定の為の的確な調査員・医師の診断書作成の見直し 5.失語症の相談機関設立 6、失語症者の意思疎通支援・意思決定支援者の養成 7.言語聴覚士の育成とレベルアップ などについて陳情しました、  詳細は国・各機関との連携をクリックしてご覧ください。、
   
 「平成30年度障害福祉サービス等報酬改定検討チーム」への参加
   厚生労働省は「平成30年度障害福祉サービス等報酬改定」に」関して障害者団体から意見をヒヤリングする事となり、日本失語症協議会は7月21日の第5回ヒヤリングに参加しました。 1・コミュニケーション支援者サービスの創設 2.自立訓練施設の人員配置の見直しに言語聴覚士配置を明記 3.失語症者のサービス等利用計画の作成を引き受けてくれる相談支援事業の充実 4.事業所が自裁に相談対応・研修実施・就労支援などをしているかの実情を把握してほしい 等を強く要望しました。 詳細は国・各機関との連携をクリックしてご覧ください
 「平成30年度障害福祉サービス等報酬改定検討チーム」の参画
  厚生労働省は「平成30年度障害福祉サービス等報酬改定」に関して障害福祉団体から意見をヒヤリングする事となり日本失語症協議会は7月21日の第4回ヒヤリングに参加し、*コミュニケーション支援者サービスの創設  *自立訓練施設の人員配置の見直しに言語聴覚士を明記  *失語症者のサービス等利用計画の作成を引き受けてくれる相談支援事業の充実  *事業所が実際に相談対応・研修実施・就労支援などしているか実情の把握をしてほしい 等を強く要望しました。 詳しくは目次の【国・関係機関との連携】をクリックして資料をご覧ください。
   
自由民主党林幹雄幹事長代理へ抗議文を送付
千葉・香取市の「佐原の山車行事」がユネスコ世界無形文化遺産に登録されたことを祝うイベントで、自由民主党林幹雄幹事長代理が挨拶の中で、「今、歯の治療中でございまして、お聞き苦しいところがあろうかと思いますけれども、ご容赦をいただきたいと存じます」と声のかすれの原因を説明した上で、「決して脳梗塞ではありません」と得意顔で会場の笑いを誘ったのだ。 脳梗塞患者への配慮に欠けた発言に対して日本失語症協議会は看過できないと考え、八島会長名で林氏に強く抗議する書面を送りました。 詳細は目次の中の国・各機関との連携をクリックしてください。
   
 ヘルプマークがJIS規格に登録されます
   見た目では障害があると分かりづらい人が周囲から手助けを得られやすいよう東京都地下鉄の大江戸電で始まり東京都で定めた「ヘルプマーク」のデザインが、京都府、和歌山県、徳島県でも広がり、7月に日本工業規格(JIS)に登録される見込みとなった。
障害者のためのマークはさまざまな種類があるが、統一化が進むことで全国的な広がりが期待されています。  詳細は国・各機関との連携をクリックしてご覧ください。
 
   
 コミュニケーション支援ボードデジタル個人版
   国立障害者」リハビリテーションセンターが仕様を固め、公益財団法人交通エコロジー・モビリティー財団が制作した「コミュニケーション支援ボードデジタル個人版」が無償で公開されました。                 詳しくは」電話:03-6221-6673まで。 スマホにインストールして使うものと、紙版がある。 交通機関の業務員が携帯していて、障害者や外国人などコミュニケーションをとりにくい方と接する時の支援をするもの。 銀行・市役所・郵便局・スーパーなどで使えるものが開発されたら、失語症の方には助かります。 期待しましょう。
   
 アンケート調査結果ー「失語症者のニーズに対応した機能訓練事業所の効果的・効率的な運営の在り方
 平成28年度の障害者総合福祉推進事業として、失語症のある人と家族、各種別施設に勤務する言語聴覚士に言語リハビリテーションに関するアンケート調査・ヒアリング調査を行い、「失語症者のニーズに対応した機能訓練事業所の効果的・効率的な運営の在り方に関する調査研究」が纏まりました。 詳細は各種アンケート実施と結果をクリックしてご覧ください。
   
 海外旅行団 (カナダ旅行)
   昨年度も行われた失語症者海外旅行団は東京都府中療育センターの」山本弘子氏の引率で2018年9月末にカナダ旅行する予定です。 申し込みなど詳しくは目次の「イベント開催案内」をクリックしてご覧ください。
   
 失語症協議会全国大会
   第11回日本失語症協議会の全国大会は2017年11月4日(土)、岩手県盛岡市民文化ホールで行われる計画です。 詳細は目次の「協議会全国大会の開催」をクリックしてご覧ください。
   
 ★  失語症カフェ「ワックル」第6回開催   詳細はイベントの開催案内参照
   第6回 平成29年8月20日(日)
午後1時30分から3時30分

座席に限りがあり、好評につき 今回も申込30名で締め切りとさせていただきます。
 ★  脳損傷者ケアコミ学会
   当協議会が加盟している団体 一般社団法人日本脳損傷者ケアリング・コミュニテイ−4学会のプレ大会が平成29年5月14日 北海道帯広で開催されました。 第7回学会は帯広で平成29年6月10日、11日に開催されました。 詳しくは目次の「国・各機関との連携を参照ください。
   
 ★  海外の学会
   Aphasia United Conference-Living with Aphasiaがイギリスのコベントリーで3月5日、6日に開催。 日本からは4名の方が参加。 当協議会も日本の失語症の実態など情報提供を」しました。 世界の情報が入れば掲載します。 
   
 ★  脳卒中・循環器病対策基本法当協議会と関連する機関のリンク集に「脳卒中・循環器病対策基本法の成立を求める会」を追加しました。
右側の欄の「関係機関へのリンク」をクリックしてください健康寿命の延伸を図るための脳卒中、心臓病その他
   
 ★  内閣府主催セミナー
   「失語症を」含む」高次機能障害者の」社会参加を考える」は平成28年12月9日に開催されました。 詳細は研修会・講習会案内 をクリックしてご覧ください。
   
学習会 
   『ご存知ですか? 失語症パートU』 4回シリーズは終了しました。 失語症に関連した社会資源、福祉資源について専門家から話を聞く機会でした。 詳細は目次の 研修会・講習会案内 をご覧ください。
   
 障害年金
   平成27年6月1日から 「障害年金の「音声又は言語の障害」認定基準が」一部改訂されました。  詳しくは目次の障害者年金などの国の施策をご覧ください
   
 熊本・大分地震
 熊本・大分地震で被災された熊本失語症友の会「たくま」、大分失語症友の会「なしの会」への支援金を募集中。 日本失語症協議会会員の皆様のお力添えをよろしく。 詳しくは目次の 熊本大分地震災害の義援金をご覧ください。 
   
 東日本大震災
   東日本大震災義援金 皆様ありがとうございました。  詳細は目次の東日本大震災の被災者へ をクリックしてください。
   
 Introduction of JAPC   (日本失語症協議会の英語版紹介)
   Click here to English Version to introduce 「Incorporated Non-Profit Organization Japan Aphasia Peer Circle」
   トップページに戻る
   CopyrightJapan Aphasia Peer Circle All Right Reseved
   ホームページの全ての文責及び著作権は非営利活動法人日本失語症協議会に帰属します